My Lifestyle is・・・

rk2rika.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

予防接種_MR

突発性発疹から1週間経過。ややぎりぎりすぎではありますが、MRの予防接種をしてきました。
注射針を抜く時に少し泣きましたが、すぐ泣き止みました。今までで一番落ち着いていました。最近頻繁に通っていた小児科だったので、リセさんも幾分慣れていたせいかな。

4月前にもう1種済ませたいのですが、水疱瘡とおたふくとヒブのどれを優先するか。
ドクターに相談してきました。私なりに解釈して要約すると↓ということで、①ヒブ ②水疱瘡で考えようと思います。

・水疱瘡は特効薬があるので、早期に対処すればすぐ治る。
・おたふくは3歳位にかかることが多い。
・ヒブはまだまだ浸透していないが、命にかかわるもの。
 保育園入園するなら受けておくことがのぞましい。
・脳炎は西日本在住、実家などが西日本、旅行好き、養豚場が近くにある、
 などの条件に入っていなければ、それほど急がなくてよい。

ヒブは1歳以上は1回の接種。7千円~9千円。1歳未満は3回にわけて接種。
水疱瘡はうちの近所ではだいたい7千円~8千円。水疱瘡のワクチンは特許が取得されているので、高いのだそう。。。
[PR]
by rk2_rika | 2009-02-12 23:52 | 育児

突発性発疹

リセさん、突発性発疹です。


2月1日(日)
 近所の公園を散歩して、お買い物して、青山にある子供の城にちょっと立ち寄る。
その間、ずっとぐずぐずした感じで、うとうとが頻繁。
子供の城でも抱っこしていないと泣いてしまい、本領発揮できず。
いつもと様子が変だと感じつつも振り回してしまったことを、後になって反省。

 夜になって、熱が39.3度になってしまい、急いで休日夜間診療している病院へ。
ドクターには、「ほらお腹に発疹が出ているじゃないか! お母さん、気づかなかったの!!」と、ちょっときつく言われるが、私の目では判別できず。
いつもこれくらいのまだらはありますが。。。気づけない自分に凹む。
麻疹か風疹だろうから、明日かかりつけのドクターにみてもらいなさいとのこと。
薬は1日分の飲薬2種類(粉薬とシロップ)と座薬。

 この日は食欲も減退気味だった。

 夜中に39.6度になったので、座薬。


2月2日(月)
 かかりつけのドクターに診せたところ、麻疹と風疹の兆候なし。
お腹の発疹は出ているとはいえないとのこと。
昨日のドクターったら!!っとムッとすると同時に、自分の目が正しかったことにほっする。
麻疹は口の中、風疹は耳の下に特有の兆候が現れるのだそう。

 昨夜、抗生物質が処方されていたため、同じ系統の粉薬を2日分。

 昼間は38度後半だった熱が、夕方になって39.8度になり、慌ててまた座薬。
座薬を入れて1時間半後くらいにウンチをしてしまったせいか、座薬を入れて3時間後には40.2度になる。
抱っこしていないと泣くが、いつものように発狂ができず、ぐずぐず。
力なく、目が熱でぼんやりして、ほっぺも真っ赤でつらそう。
可愛そうで泣けてくる。

 離乳食はまったく食べず。
 唯一、小さなバナナを1本、ヨーグルト風味のジューズをスプーンで少し。


2月3日(火)
 朝は37.6度。

 念のため小児科へ。
熱が下がり、お腹に発疹が現れたら、突発性発疹だろうとのこと。

 離乳食を少し口にするようになる。
ウンチは軟らかく、下痢に近い。久しぶりに洋服にまで達する。

 熱が下がったので、入浴をする。
なんとなくお腹にうっすらと赤いぽつぽつが見える。

 一日中、機嫌が優れなく、ほとんど終日抱っこか添い寝。


2月4日(水)
 小児科は休診日。
朝、ドクターから病状を確認する電話をいただく。
電話後、ウンチをしたのでおむつ交換をしたところ、お腹と背中に明らかな発疹。
ドクターに電話で報告。

 熱は36度台に落ち着く。
機嫌は優れなく、ほとんど抱っこ。昨日よりは少し遊べる。


2月5日(木)
 ドクターから突発性発疹(HHV6もしくはHHV7)と診断される。
発疹は2、3日続くもの。
発疹が出ている間、下痢になるケースがある。
今日まで安静、明日からは通常通り生活してよい。
お風呂は入ってよい。

 ウンチは下痢状態。今日も洋服まで達する。。。
機嫌は優れず、ほとんど抱っこ。でも昨日より遊べる。

 発疹はお腹、背中、顔、腕の関節、お尻にあらわれたが、昨日がピークだったよう。
[PR]
by rk2_rika | 2009-02-06 01:12 | 育児