My Lifestyle is・・・

rk2rika.exblog.jp
ブログトップ

タグ:検診 ( 11 ) タグの人気記事

妊婦健診(助産師)-38w3d-

38w3dです。
今日は助産師さんによる妊婦健診。痛い内診はないと思うので、少し気が楽。

健診の前に、初NST。25分付けて、お腹の張りは2度、胎動は活発で、それに合わせて心拍も160位まであがるので、順調とのことでした。助産師さんの予想では、出産は2週間後位ではないかと。。。(予定日を過ぎてしまう)

NSTが終わって、助産師さんから「はい、このままこのベッドで内診しますね。」と言われ、驚き・・・。今日は内診はないと思っていたのに(後からスケジュールを見直したら、これからは毎回内診があることになってました)。でも、助産師さんの内診はDr.による内診とは違うものでした。機械で行うものではなく、触診。痛みは全くなく、ほっとしました。
出口すぐのところにベビーの頭はあるそうですが、子宮口はまだ少し遠く、指1本程度(1cm)位の開き、ということでした。頭がそんなに下がってきていたとは・・・。確かに何かが下がってきているのは感じていて、でも妊娠前から時々内臓が下がっているような感覚を感じることがあって、それと同じだったので、自分で押し込んでたんですよね(苦笑)。どうやら今回は内臓ではなくベビーの頭だったということで、押し込むのはいけなかったかな。。。助産師さんに話したら、笑われました025.gif

助産師さんに相談したこと
①毎朝、胃がムカムカしてだるい。ここ数日、下痢が続いている。
 →ホルモンバランスの崩れ。出産が近いという前兆の可能性が高い。
②胸の下あたりで、液体がボコボコするような変な音がする。
 →ベビーに押されて、気体(ガス)が移動しているのかも。
③鉄剤を飲むと気持ちが悪くなる。
 →ちょうど鉄剤が終わるので、服用ストップ。
  出産後の血液検査の結果を見て、数値が低ければ、また服用することになる。

先週のDr.の健診では、「早く産まないと!」とプレッシャーを受けましたが、今日の助産師さんからはそんな言葉は1度も発せられず、その違いに拍子抜け。ベビーの大きさも、私たち2人とも身長があるので、ベビーの高さもあるかも・・・くらいでした。
助産師さんの健診は、とってもほっとしました029.gif 無理やり機械を入れる内診もないし。

ところがほっとしたのも束の間、、、助産師さんがパソコンを見ながら、「おりもの検査がまだ?」と。どうやら前回、検査漏れがあったみたい。
この検査はDr.が行うもののようで、別の診察室に入ったらあの内診台が・・・。カーテンの向こうで声だけのDr.。初めてのDr.でした。「38w3dかあ。内診もしておくよ。」エーーー033.gif 「助産師さんに診てもらったから、もう必要ないのでは???」なんて言えるはずもなく。損した気分になりましたよ。

今日、病院内で驚きの張り紙を発見。
4月1日から出産費用(5日間)が50万円から58万円に値上げされるそうです。あくまでこの費用は最低の金額ですよ。。。どうなっているんでしょう。
今日も、NST+健診+検査で1万円ぴったり。改善されないと厳しい環境ですよね。


にほんブログ村 マタニティーブログへ にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
[PR]
by rk2_rika | 2008-03-07 22:45 | maternitylife

妊婦検診(Dr.)-37w2d-

今日は9:30から妊婦健診でした。
通勤時間帯に少しかぶるので、kiryoさんが車で送ってくれることになっていましたが、明け方5:30まで仕事をしていたので、起きれず・・・。一人電車で向かいました。産休に入ってからしばらくぶりの通勤電車なので不安でしたが、時間がずれているのが幸いして、ギューギュー詰めにはなりませんでした。池上線では男性が席を譲ってくださいました。感謝です056.gif

予約していたDr.は手術のため、Dr.Sになっていました。受付で知らせてくれてもいいのではないかなと思います。診察室のドアを開けたら、初めてのDr.というのは・・・。外見はサーファー、声が大きな女医さんでした。声が待合室にまで聞こえてましたよ。。。

まずエコー。間違いなく大きいそうです。3,100g(写真によっては3,250gなんて数値も)はあるそうです。そして頭もやっぱり大きい。どうやら10cmは確実。早く産んだほうがいい、と言われました。

末期に入って初めての内診。痛いと聞いていたのですが、Dr.も「なかなか入りづらいから痛いですよー」と。力抜こうと思っても入ってしまいます。看護婦さんから「力抜いて、お腹で息吸って~」と言われてしまいました。こんなで出産の痛みを乗り越えられるのだろうか。。。子宮口はまだ遠くにあるとのことで、ここでも、「運動ね。一日一時間のウォーキング。」と。

まだ正期産に入って2日ですし、まったく産まれる気配がなかったので、のほほんと構えてましたが、ここにきてお尻を叩かれまくった感です。焦りがでてきました。

できれば、今日からウォーキングしたかったのですが、昨夜から胃痛がひどくて、帰宅してからぐったりしてしまいました。胃は強い方で、胃痛の経験がほとんどありません。なにが原因なのかわかりませんが、胎動がものすごく激しいので、胃が刺激を受けすぎているのかも。
明日からしっかりとウォーキングを始めます070.gif この胃痛さえ治まってくれれば。


にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ
[PR]
by rk2_rika | 2008-02-28 19:30 | maternitylife

妊婦健診-32w0d-

妊娠9ヶ月に入りました。

今日のスケジュール
 ・11:00~ ドクターによる妊婦検診
 ・13:30~ 母親学級第Ⅲ過程

kiryoさんは風邪をひいて、昨日は会社を休んでいました。今日も昨日とあまり変わりがありません。病院まで車で送ってくれて、いったん自宅に戻り待機。『夫立ち会い分娩』希望者は母親学級への出席がマストなので、午後に再来院します。

11:00からの健診だというのに、13:10になっても診察室に呼ばれません007.gif お腹も空きます。それに、13:30からの母親学級に間に合わなくなります。仕方なく受付に申し出ました。次に呼んでくれることになりました。おそらく本来はまだ私の前に最低2人はいらっしゃいました。その方々には申し訳なく・・・。11月の健診も今日ほどではなかったのですが、とても待たされました。そしてその日と同じドクター。嫌な予感はしていたんです。。。

待っている間に、頭痛が始まるし、足はむくんでくるし、気は焦るしで、診察室に入れた時には疲労感で無口になってしまいました。ドクターもこちらのどんよりした雰囲気を察知したようで、「ごめんなさいね。今日はなんでこんなに混んでしまったんだろう」って。心の中で、「前回もそうでした。きっと今日に限らないのでは???」と思って無言になってしまいました。

エコーで診ていただいたところ、2週間前と変わらず逆子。体重は2キロくらいで、大きさは標準。2週間前はお腹の張りもあって、逆子体操は止められていましたが、9ヶ月に入ったので、許可されました。しめくくりに「何か質問は?」と聞かれたので念のため、前回の血液検査の結果を聞きました。すると、「あ、そうだったね、ごめんなさい。。。えーっと、あー異常ありだね。鉄分の数値が低すぎる。僕だったらフラフラで歩けないよ」と。またしても聞かないと教えてもらえない検査結果なのでありました。貧血の薬を出産まで飲み続けることになりました。処方された薬はフェロミア錠50g。逆子体操は時間がないので、母親学級が終わってからまた再度来ることになりました。

kiryoさんと合流して、母親学級へ。もう始まってました。。。
それにしてもこの母親学級、夫立ち会い分娩希望者は出席しなければならないのですが、毎月1回(火曜日 13:30~16:30)しか開催されません。働いている私たちにとっては仕事を休まなくてはいけないので、不便です。しかも、、、あまり内容に意義の有るものとは思えません。いまどきネットや雑誌などで手に入る情報が多いので。唯一、骨盤の模型と赤ちゃんの人形を用いて、出産時の赤ちゃんの動き方を説明された部分は、妙に納得できてよかったです。この学級に出席しなければ出産に立ち会えないというのもいかがなものかと思いました。実際に出産時に役立つのかは経験して、また考えたいと思います。

逆子体操のために再度産婦人科窓口へ。教えてくださるのは助産師さんで、今度はすぐ呼ばれました。動きのある体操かと思っていたのですが、胸膝位というポーズを1日10分程度、ということでした。これがなかなかキツイ・・・。

この病院では32週までに入院保証金(30万円)を支払わなければなりません。
本日の費用、308,280円也。
[PR]
by rk2_rika | 2008-01-22 23:54 | maternitylife

逆子発覚-30w0d-

この日は助産師による妊婦健診(助産師外来)。同時に、『グルコース チャレンジテスト』(妊娠糖尿病を正確にスクリーニングするために行うテスト)も行うので、健診予約時間の1時間前に来るよう言われています。
初めて子宮底長が計られ、29cmでした。浮腫が-+で、着圧靴下やレッグウォーマーの着用を勧められました。それから、お腹の張りが頻繁ですが、これは普通のことだと思って気にしていなかったところ、それは間違った認識だったことがわかりました。仕事もできれば休むように、とまで言われて、少し驚き・・・。もうすぐ産休に入るので、できればがんばりたいと伝えました。
その上、逆子だということがわかりました。助産師さんがドクターに逆子体操を開始していいかを確認したところ、お腹の張りがあるのと、9ヶ月になっていないという理由から、体操はしなくていいことになりました。
今までは1ヶ月毎の健診でしたが、次回からは2週間毎です。
[PR]
by rk2_rika | 2008-01-08 23:39 | maternitylife

7ヶ月検診

完全な寝坊でした。病院の予約は9時だったのに、目が覚めたのは8時半を少し過ぎてました。
お化粧もしないで、猛ダッシュ。道路が渋滞していなかったので、なんとか5分程の遅れで済みました。

今日のドクターはT先生。とてもさばさばした口調の女医さんで、ドクターらしいドクター。
お腹の中は順調とのことでした。約900gに育っているそう。前回の検診時に行ったクラミジアの検査結果を尋ねたところ、問題なし。ただし、普通の大人であれば存在する細菌が2種ほどあったそうで、念のため錠剤1粒。尋ねなければ、錠剤は出なかったかも?? でも、初期の血液検査の結果についても何も言われなかったという経緯があったので、、自分から問わないといけないかな、と思ったのでした。仕事の都合上、検診の曜日を決められず、担当の先生が一人ではないせいもあって、検診結果の流れを把握しずらいのかもしれません。

次回は1月8日で、助産師外来。

この病院では今年3月から助産師外来が開設されています。
 ・ 対   象 : 妊娠経過が順調な20~39週の妊婦。
 ・ 内   容 : 妊婦検診及び妊娠・分娩・育児い関する相談。
 ・ 所要時間 : 1人20~30分。
*医師による妊婦検診と交互に行われます。
*家族同伴OK。
*料金は5,000円/回で、医師による検診費用と変わりません。
[PR]
by rk2_rika | 2007-12-07 23:52 | maternitylife

母親学級Ⅰ

病院主催で平日13:30から行われる、必須の母親学級。病院内のコンファレンスルームで行われました。「今日は多いですね」とのことでしたが、参加者は50名くらいだったようです。6ヶ月の妊婦さんが主ですが、8ヶ月の方もいらっしゃいました。「仕事をしている人」で挙手のあったのは、半数くらい。みなさんがんばってますね。ちなみに料金は2,500円です。

今回の母親学級は主に次の4項目。
・助産師による妊娠中期の説明
・助産師による妊婦体操
・栄養士による妊婦の食事について説明
・小児科医師による入院中・出産後の説明

私にとって役立った情報は、次の2つ。
①腰痛と便秘解消に効果のある骨盤体操
 日頃から腰痛持ちで、今後が不安だったので、教えていただいた骨盤体操を試してみようと思います。
②妊婦の摂取カロリーと必要栄養素の取り方
 カロリーは1800~2000kcalが目安。後期に向かって少しずつ増えていきます。600ml容 器を意識して食事をする、というのはわかりやすかったです。それから、最近の妊婦はやはり カルシウムが不足しているので、毎日の牛乳1杯を勧めたいとのことでした。忙しい人は、朝  食時に、鉄分を含むフレークに牛乳をかけた物で補うのもいいのでは、とのありがたいアドバ イスもありました。栄養士さんからのこうしたアドバイスは目から鱗、肩の荷が降りたような感 覚でした。早速、フレークを調達してしまいました。

小児科の医師はちょっと早口で、話もあまり上手ではなかったので、すぐに飽きてしまいました。。。熱意はあるのかもしれないですが。最後の10分はタバコ撲滅運動?と思えるほど、タバコの有害さを熱弁していらっしゃいました。実際そうなのだと思いますが、この時間のメインはどこ?と思ってしまいました。きっと、ドクター苦手意識があるから素直に聞けないだけ・・・。このドクター不信、治るといいのだけど。
[PR]
by rk2_rika | 2007-11-06 23:32 | maternitylife

6ヶ月検診

今日は年休を取得して、10:30から検診、13:30から母親学級。
仕事の都合で同じ曜日に受診できないので、検診は3回目ですが毎回違う先生に。今日はY医師。

早速エコー検査。
体重420g、頭の直径5cmくらいに育っていて、心臓も4室整っているそうです。胎盤の位置も正常だそうで、順調とのことでした。「位置はこれからいくらでも直るから」と仰っていたので、もしかしたら逆子気味なのかな。前回の検診で男の子らしい、とのことでしたが、今回の検診でますますその可能性は高くなりました。納得の映像ありでした。

続いて、「クラミジア検査もしましょう」とのことで一人別室へ。何度目でも慣れられないな。。。

尿検査の結果、尿淡白が出てしまいました。塩分摂取に注意が必要とのことで、たとえば、お味噌汁は具だけ食べるようにしたりして、抑えるのだとか・・・。それから、この1ヶ月で体重が大きく増えてしまったので、「どうしましたか?」と聞かれてしまいました。。。間食にチョコレート菓子が習慣化してきているのが一番の原因かな。気をつけないと。

検診は12時前に終えたので、五反田駅近くまで戻ってお昼ごはん。塩分を控えなくてはいけないのに、ラーメンを食べてしまいました。スープは4口に抑えましたが。

kiryoさんとはここまで、私は母親学級のため病院に居残り。今日の母親学級は、男性禁止というわけではないけれど、女性が出るものらしいので。

母親学級については別記事にします。
[PR]
by rk2_rika | 2007-11-06 23:08 | maternitylife

5ヶ月検診

検診2回目。一日休みを取ったので、この間とは違ってゆったりと検診待ちができました。
担当の医師が緊急手術で不在だったので、女医さんになりました。今回はkiryoさんも一緒に診察室に入り、エコー画像も見ることができたのでよかった。体長は10cmほどに成長していて、ちょうど起きているところだったようで、動きがあってよく見えました。そう、だから、性別もわかってしまいました。どうやら男の子! 
貧血と便秘に注意するようにとのアドバイス。来月に改善されていなかったら、薬が出ることになりそう。

お昼頃には検診を終えたので、そのまま藤沢へお墓参り。そして、その帰りに湘南の海岸を散歩してきました。潮騒を聞かせたい、とのことで。聞こえたかな。

[PR]
by rk2_rika | 2007-10-04 22:32 | maternitylife

3回目検診は無念のキャンセル

今日は3回目の検診日でした。でもキャンセルしました。

2回目の検診から3週間経っているので、検診していただきたいのはやまやま。でもやっぱり血液検査代の2万7千円がひっかかってしまって。。。それからkiryoさんも、①男性だからという理由で、診療室に入ることも待合室で待つことすらできなかったり、②予約をしているのに1時間近く待たされた上、ようやく診察室に入っても先生が急がしそうであまり話をできる状況にない、といったことがあって、気分を害してました。先生も「土曜日は混んでしまって、待たせて申し訳ない」と言ってくださってはいるのですけれど。。。それでも、「血液検査はどんな検査があるのですか?」と質問しても、小冊子を取り出して、「いろいろあるよ~」で終わってしまいました。高額を払うのですから、その小冊子のコピーをくださるとか、ちゃんと説明が欲しいな、と思いました。きっと平日に伺えば、丁寧に説明してくださるのだと思います。でも仕事をしている身なので、平日にお休みを取るのはできるだけ避けたいのです。

血液検査について、大田区からもらった検診票があったので、それを使えるか確認したところ、すでにそれを差し引いた額とのこと・・・。周囲の友人に聞いてもMAXは1万5千円。なんでこんなに違いがでるんでしょう。そしてどうしてこんなに自分が何を検査されるのかわからないまま、検診に臨まなくてはいけないのでしょう。おめでたい出来事ですし、少し高いくらいでしたら、気にしないのですけど・・・。きちんとした説明を受けられないことが、一番不安になる要因なのだと思います。

いずれにしても、このクリニックでは分娩を行っていないので、分娩をお願いする病院を探さなくてはなりません。本当はこのクリニックから紹介していただく予定だったのですが、難しくなってしまったので。自分たちで今週中には決めないと。。。

[PR]
by rk2_rika | 2007-09-01 23:59 | maternitylife

2回目の検診です-大岡山の某クリニック-

今日で初診から2週間が経過、2回目の検診です。
4mm→15.9mmに成長していました。そして、出産予定日が3月24日→3月18日に繰り上がりました。エコー写真には8w4dとありました。先生も首をひねり、「3月18日~3月24日にしておこう。」という見解でした。なんとか1週間お腹に長く居てもらって、4月生まれにしてあげたいと思っていましたが、さすがに2週間は無理でしょうから、潔く3月に産みましょう。ちなみに3月18日は、両親の結婚記念日。これも何かの縁ですね。

次の検診は3週間後の9月1日です。「次回は血液検査をするので、2万6千円位用意してきてください」と言われました。血液検査ってこんなに高いものなのでしょうか。初診時の子宮がん検査のこともあって、ちょっと疑問に感じました。

日ごろから病院を頼らないようにしていて、通院の経験は特に少ない方だと思います。そして、その少ない経験の中で、症状を理解しようとしてくれる医師に巡り合っていないので、医師をなかなか信用できないのです。出産に際しては、ぜひ信頼できる方に出会いたいです。

[PR]
by rk2_rika | 2007-08-11 23:24 | maternitylife